電話:052-761-1155

愛知県名古屋市千種区末盛通5-3 メディカルビル2F

泌尿器科 女性泌尿器科
本山駅 徒歩1分
LINK
MAP

名古屋の泌尿器科|本山腎泌尿器科ゆうクリニック

排尿障害

排尿障害とは

排尿とは腎臓で作られたおしっこが膀胱に蓄えられ(蓄尿)、十分溜まった後、体外へ排出されることです。
このいずれかの機能に問題が起こると排尿障害が発生します。

蓄尿に異常を来すと、尿が近い(頻尿)、夜トイレに何度も起きる(夜間頻尿)、尿がもれる(尿失禁)、残尿感、尿意切迫感といった症状が出現します。排出に異常を来すと、がんばっても尿がなかなか出せない、ちょろちょろとしか出ないといった症状(排尿困難)が出現します。

これは何か膀胱からのおしっこの通り道を邪魔するものがある場合と、膀胱のポンプとしての力が弱まっている場合があります。

男女で異なる排尿障害

女性の排尿障害

女性の尿道は短く、外尿道括約筋も弱いことから、蓄尿症状が多く出現します。
特にくしゃみや重い物を持ち上げたときなど腹圧がかかった時に尿が漏れる腹圧性尿失禁が幅広い年代の女性に多くみられます。加齢や多産、肥満などが原因で、軽症の場合は尿失禁体操で骨盤低筋群を鍛えると効果があり、また内服治療でも軽快します。
重症の場合は手術が必要となる場合もあります。また加齢にともない頻尿・尿意切迫感・尿失禁を生じる過活動膀胱も多くみられますが、適切な薬物治療で軽快することが多いです。

そのほか女性の排尿障害を伴う疾患として頻度の高いものに急性膀胱(ぼうこう)炎が挙げられます。突然、排尿痛を伴う頻尿・残尿感・排尿後の不快感・血尿などの症状が残ることがあります。
原因は細菌感染で、幅広い年代の女性にみられます。下半身の冷えや長時間トイレを我慢することにより発症することもあります。

抗生物質の服用で症状が改善しますので、早期にきちんと治療することが重要です。

男性の排尿障害

男性の尿道はとても長く、また膀胱の出口に前立腺という特殊な器官が存在するため、排出症状が多くみられます。しかし複雑な原因によって起こる蓄尿症状も少なくありません。

中高年男性では、夜間の頻尿・尿に勢いが無い・残尿感があるなどの症状に悩む人が多くなります。これは、加齢に伴って前立腺が肥大し、尿道を閉塞・刺激する前立腺肥大症による症状です。肥大症は通常50歳代になって現れる病気で、60歳以上ではかなりの確率で肥大症になります。大部分は投薬などにより軽快しますが、症状の進行具合に適した治療をすることが大切です。

またその他男性に多くみられるのは尿道炎、前立腺炎です。尿道内に細菌が入り、尿道や前立腺が炎症を起こす疾患で、排尿痛・頻尿・残尿感・発熱などの症状があります。抗生物質投与などの治療を行います。慢性化すると治りづらいので適切な治療を早期に受けましょう。

また、進行した前立腺がんは肥大症の症状に似てきますが、症状が出る前に発見・治療することが重要です。そのためにも50歳を過ぎたら年に1回は定期検診を受けましょう。簡単な血液検査で診断できます。早期に発見・治療することが大切です。

PAGE TOP